兵庫4区(神戸市西区など)選出衆議院議員の藤井比早之です。
今回は、女性が活躍できる社会環境の整備についてご紹介させていただきます。
6月11日(水)、女性が生き生きと活躍できる社会の構築をめざす「女性が活躍できる社会環境の整備の総合的かつ集中的な推進に関する法律案」(女性の活躍推進法案)を、自民党公明党両党の議員立法として、衆議院に共同提出させていただきました。
女性活力特別委員会における取組みを評価していただき、法案提出者の一人として法案を提出させていただきました。
法案提出者は次のとおりです。(敬称略)
松野博一、薗浦健太郎、永岡桂子、宮川典子、藤井比早之
高木美智代、古屋範子、大口善德
提出には、山本香苗参院議員も参加されました。
法案は、日本経済の持続的な発展には社会のあらゆる分野で女性の持つ能力を最大限に発揮することが重要だと指摘し、国、地方自治体、企業に対して、女性のワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の強化や、男性の育児、介護参加を促進する施策を求めています。
 具体的には、女性の活躍と男性の家事参加を妨げている残業や休日出勤を短縮するため、短時間勤務制度の拡充や、インターネットなどを活用して時間や場所に制限されずに働く「テレワーク」の導入を検討するよう規定し、保育所や放課後児童クラブの設置、介護支援の促進も規定しています。
この法案の基本方針は次の5つです。

  • 時間外労働等の慣行の是正
  • 支援体制の整備
  • 税制及び社会保障制度の在り方
  • 指導的地位への女性の登用の促進
  • 国民の理解及び協力の促進

特に、時間外労働等の慣行の是正を謳っている点、それも、男性女性を問わず、時間外・休日労働の大幅削減の促進、就業形態の多様化の促進を規定している点が画期的です。
男性の時間外・休日労働を大幅に削減し、家族一緒になって育児、介護等に取り組むことが何よりも大切です。
国民の理解及び協力の促進にあたっては、とりわけ男性の理解及び協力を促進する旨、規定されていますが、まさに、男性の働き方を変える、男性の意識を変える、という方針が明記されている画期的な法案になります。
この法案の成立に向けて全力を尽くしてまいります。
皆様のご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。