神戸・三宮周辺地区再整備が行われます。
平成28年11月24日、神戸三宮駅周辺・臨海地域が「特定都市再生緊急整備地域」として、政令で新たに指定されました。
「特定都市再生緊急整備地域」では、土地利用規制の緩和、都市計画等の特例、民間都市開発推進機構による金融支援、税制特例、税制支援、規制緩和などにより民間都市開発の支援が行われます。また、国際競争拠点都市整備事業、国際的ビジネス環境等改善・シティセールス支援事業を活用できます。
神戸阪急ビル東館は平成28年から解体工事中であり、平成33年に竣工予定です。
三宮ターミナルビルも建替えを検討中です。
三宮町1・2丁目地区、さんプラザ、センタープラザ、センタープラザ西館は、都市再開発支援事業として市街地再開発事業の実施を検討されています。
雲井通5・6丁目地区は、都市再開発支援事業として中長距離バスターミナル整備、市街地再開発事業の実施を検討されています。
神戸市役所2号館、3号館は建替えが検討されています。
そごう神戸店本館も建替えの対象として検討の俎上に上ることでしょう。
神戸が、三宮が、再び輝きを取り戻すために。
地権者や地元の皆様のご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。

神戸阪急ビル東館は、現在、解体工事中です

現状です
バスターミナルを整備します

三宮ターミナルビルも建替えを検討中です