第13回エコプロダクツ大賞表彰式に出席させていただくとともに、エコプロ2016~環境とエネルギーの未来展[第18回]を拝見させていただきました。
本年11月にはパリ協定が発効し、二酸化炭素排出量削減に一層の取組みが求められるところです。
我が国において、二酸化炭素総排出量の約五割は、運輸、家庭、業務の三部門が占めている状況であり、国土交通省として、その対策は急務であると認識しております。
今回、国土交通大臣賞として、株式会社竹中工務店様が開発された「木を使った短工期・省CO2耐震補強技術『T-FoRestⓇシリーズ』」を大賞として表彰させていただきました。
「T-FoRestⓇシリーズ」は、木材を利用した耐震補強工法であり、コンクリートの斫工事が不要になるなど短期間での施工が可能になり、木造部材は、鋼材料と比較して二酸化炭素排出量を約100分の1と大幅に抑制することができます。
このことから、建設分野での二酸化炭素排出量削減に大きく寄与するものであり、そのご功績に深く敬意と感謝を申し上げます。
本件を含めて、本日、受賞された皆様は、各業界において環境負荷の低減、二酸化炭素総排出量の削減、地球温暖化対策を牽引されてこられた皆様です。
これからも、地球温暖化対策の更なる推進に向けて、お力添えを賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
エコプロダクツの発展と新たな環境産業の創出を心より祈念申し上げます。

エコプロ2016~環境とエネルギーの未来展[第18回]は、「地球温暖化対策と環境配慮」「クリーンエネルギーとスマート社会」をテーマに、「持続可能な社会づくり」を日本と世界、そして未来に発信するために、12月8日、9日、10日の3日間、開催されます。
8日には、小中学生の皆さんが、大勢、来場されていました。子どもの頃から環境配慮を学ぶことは、とても大切なことです。
持続可能な社会の実現に向けて、全力を尽くしてまいります。

(国土交通省ウェブサイト)
【平成28年12月8日】 エコプロダクツ大賞表彰式に藤井政務官が出席

エコプロダクツ大賞表彰式2エコプロダクツ大賞表彰式1エコプロダクツ大賞表彰式3

T-FoRestシリーズ 木材を利用した耐震補強工法です

T-FoRestシリーズ
木材を利用した耐震補強工法です

木材を利用した学校の耐震化を

木材を利用した学校の耐震化を

エコプロダクツ視察2エコプロダクツ視察3エコプロダクツ視察5エコプロダクツ視察6エコプロダクツ視察7エコプロダクツ視察8エコプロダクツ視察9エコプロダクツ視察10エコプロダクツ視察11エコプロダクツ視察12エコプロダクツ視察13