ストレスフリー社会・ユニバーサル社会の実現に向けて、「ジャパンスマートナビ」を体感させていただきました。
「ジャパンスマートナビ」とは、地下街、空港、スタジアム、屋内でのナビゲーションサービス、車椅子での経路やベビーカーでの経路のナビゲーションサービスが受けられる、期間限定のアプリケーションです。
東京駅周辺、新宿駅周辺、成田空港、日産スタジアムの4つの実証実験エリアで、「屋内外シームレス測位サービス実験」用に一般公開されています。
(Google Playで「ジャパンスマートナビ」と検索するとアプリを入手できます。平成29年2月28日まで。)
東京駅周辺の地下街で、屋内地図での位置把握、車椅子の場合、ベビーカーの場合の経路案内について、体感をさせていただきました。
東京、大阪などの大都市の地下街はとても複雑であり、ナビゲーションがあればどんなに便利でしょう。
空港やスタジアムで複数階の移動を含めて、ナビゲーションがあればどんなに便利でしょう。
車椅子で移動する場合、ベビーカーで移動する場合、どのような経路で目的地に辿り着けばよいのか、ナビゲーションがあればどんなに便利でしょう。
「ジャパンスマートナビ」は、これらを可能にする国土交通省の「高精度測位社会プロジェクト」の一環として行われている実証実験になります。
ストレスフリー社会・ユニバーサル社会の実現に向けて、全力を尽くしてまいります。

(国土交通省ウェブサイト)
【平成28年12月20日】 「高精度測位社会プロジェクト 屋内外シームレス測位サービス実証実験 東京駅周辺エリア」を藤井政務官が視察

エレベーターの場所に辿り着きました

エレベーターの場所に辿り着きました

スマホで体感することができます

スマホで体感することができます