中部国際空港の機能強化に向けて、現場を拝見させていただきました。
中部国際空港の航空旅客数は、889万人(H23)から、1,042万人(H27)へと増加しました。
中部国際空港セントレアは、2年連続で「The World’s Best Regional Airport」を受賞されました。
訪日外国人旅行者の拡大に向けて、空港直行アクセスの充実、LCC拠点化推進(エアアジア・ジャパンが本社を空港島内に設置)が行われるほか、平成31年度(2019年度)上期にはLCC向け新ターミナルビルが供用開始予定、平成31年(2019年)秋には空港島内に大規模展示場(敷地面積28.7万㎡、展示面積6万㎡)がオープンされる予定となっています。
海外渡航者向け日本産生鮮食品販売として、国際線出発制限エリア内で、三重県産松阪牛(対シンガポール)や静岡県産クラウンメロン(対シンガポール、香港、EU等)等を購入して、出国することができます。
貨物拡大として、ボーイング787大型部品(三菱重工、川崎重工、富士重工)空輸や、農水産物、食品(鶏卵、飛騨牛、果物、養殖ブリ、花き)輸出に積極的に取り組んでおられます。
「昇龍道プロジェクト」として、中部北陸9県が一体となって、訪日外国人旅行者増加のために、海外へのプロモーション、受入環境の整備に取り組んでおられます。
本年、史上初めて、訪日外国人旅行者数が年間2,000万人を突破し、約2,400万人に達する見込みとなっています(前政権下の平成23年は622万人)。
本年3月に策定された「明日の日本を支える観光ビジョン」では、さらに訪日外国人旅行者数4,000万人という目標が掲げられています。
中部国際空港の機能強化、訪日外国人旅行者の拡大に向けて、全力を尽くしてまいります。

(国土交通省ウェブサイト)
【平成28年12月22日】 中部国際空港を藤井政務官が視察

2年連続で 「The World’s Best Regional Airport」 を受賞

2年連続で
「The World’s Best Regional Airport」
を受賞

 

中部国際空港 管制塔

中部国際空港 説明

エアアジア・ジャパンが 本社を

エアアジア・ジャパンが
本社を

昇龍道プロジェクト 越前和紙で出来ています

昇龍道プロジェクト
越前和紙で出来ています

松阪牛を空港内で購入して持ち帰り可能です

松阪牛を空港内で購入して出国可能です

高山祭が世界無形文化遺産に 中部北陸の観光資源が一堂に

高山祭が世界無形文化遺産に

昇龍道プロジェクト 中部北陸9県の観光資源が一堂に

昇龍道プロジェクト
中部北陸9県の観光資源が一堂に

中部国際空港 飛騨高山

ビジネスジェット プライベートジェット が充実

ビジネスジェット
プライベートジェット
が充実

バリアフリーで駅直結

バリアフリーで駅直結