大西卓哉宇宙飛行士から、国際宇宙ステーション長期滞在ミッションのご報告をいただきました。
大西卓哉宇宙飛行士は、第48/49次長期滞在ミッションとして、昨年、平成28年7月7日に宇宙に向かわれ、10月30日に無事帰還されました。
世界初のミッションである宇宙空間における微小重力(0G)・人口重力(1G)環境下でのマウスの同時飼育(骨粗しょう症、筋委縮の研究への貢献を目指します。)、
タンパク質の構造に基づく創薬研究、静電浮遊炉(ELF)の初期検証作業、液滴群燃焼実験供試体(GCEM)の初期検証、
国際宇宙ステーションからの超小型衛星の放出、
米国のシグナス補給船を日本人で初めてキャプチャ、
リアルタイム立会いでの初の教育実験など、
数々の貴重なミッションを実現されました。
大西卓哉宇宙飛行士、ありがとうございます。
これからも、有人宇宙活動のタスキリレーをお願い申し上げます。