巡視艇「あわぎり」・巡視艇「なだかぜ」就役披露式に出席させていただきました。
巡視艇「あわぎり」・巡視艇「なだかぜ」の就役を心よりお祝い申し上げます。
神戸海上保安部は、日本有数の通航隻数を誇る明石海峡、国際コンテナ戦略港湾神戸港を管轄します。
昨年9月、神戸市において開催されたG7伊勢志摩サミット2016に伴う保健大臣会合では、神戸海上保安部所属船艇が中心となって、海上警備を着実に実施いたしました。
海上保安庁では、国民の皆様が安全・安心に暮らせるよう、海上保安業務に従事してまいります。尖閣諸島周辺海域における領海警備、領土・領海・領空の堅守に万全を期してまいります。
神戸港は、今年開港150年を迎えます。
この海域における治安の確保、海上交通の安全を図るため、巡視艇「あわぎり」・巡視艇「なだかぜ」の能力を十分に発揮し、神戸海上保安部一丸となって、重要業務に迅速・適確に対応し、地域の皆様の期待にこれまで以上に応えてもらいたいと存じます。
第五管区海上保安本部、神戸海上保安部のさらなるご発展を記念申し上げます。

<国土交通省ウェブサイト>
【平成29年4月17日】「巡視艇あわぎり・なだかぜ就役披露式」に藤井政務官が出席