新名神高速道路(城陽JCT・IC~八幡京田辺JCT・IC)一般府道八幡京田辺インター線開通式典に、国土交通大臣政務官として出席させていただきました。
新名神高速道路は、関西の真ん中を東西に貫く国土軸、基幹的な高速道路です。
城陽~八幡京田辺間の開通により、京都縦貫、第2京阪、京奈和道が繋がり、日本海から京都と奈良の境まで140㎞、京都府が高速道路で南北に繋がります。
東西南北に高速ネットワークが繋がります。
伊吹前衆議院議長をはじめ与野党を問わず10名もの衆参国会議員の皆様、山田京都府知事をはじめ府内の多くの首長の皆様にご出席をいただき、盛大に開通式典が開催されました。
地元の皆様、関係者の皆様すべてに深く感謝を申し上げます。
新名神高速道路につきましては、高槻JCT~川西の本年秋頃の開通、川西~神戸JCTの本年度、平成29年度の開通、平成35年度の全線開通に向けて、全力を尽くしてまいります。

(国土交通省ウェブサイト)
【平成29年4月30日】 新名神高速道路(城陽~八幡京田辺間)開通式に藤井政務官が出席