タオン・コン
カンボジア王国観光大臣と

カンボジア・フェスティバル2017に、国土交通大臣政務官として出席させていただきました。
カンボジア王国タオン・コン観光大臣が来日され、盛大に開催されました。
カンボジア・フェスティバル2017、先日のカンボジア観光ロードショー、カンボジアナイトなど一連のイベントにより、カンボジアの自然、伝統・文化、食といった魅力が、日本の皆様に発信され、日本・カンボジア両国の一層の友好親善・交流促進が図られますようご期待申し上げます。
今年は、ASEAN設立50周年、Visit ASEAN Yearという記念すべき年です。
カンボジアは、アンコール遺跡に代表される世界遺産、ビーチの美しいシアヌークビルなど、豊富な観光資源を有しておられます。
4月のクメール正月、11月の水祭り、12月のアンコールワット国際ハーフマラソンなど、様々なイベントを通じて、日本の皆様にも、カンボジアを楽しんでいただきたいと存じます。
昨年9月から、全日空の成田~プノンペン間直行便が毎日運航されるようになりました。
多くの日本の皆様にカンボジアを訪問していただくとともに、多くのカンボジアの皆様に日本にお越しいただき、日本の魅力を存分に楽しんでいただきたいと存じます。
主催者の皆様、ボランティアの皆様をはじめ、開催にご協力いただいたすべての皆様のご尽力に深く敬意と感謝を申し上げます。
本イベントを通じ、日本とカンボジアの皆様の相互理解、日本・カンボジア両国のより一層の観光交流・友好強化が実現されますよう心より祈念申し上げます。

(国土交通省・観光庁ウェブサイト)
【5月3日】カンボジア・フェスティバル2017に藤井政務官が出席