マンション計画修繕施工協会総会懇親会に国土交通大臣政務官として出席させていただきました。
マンションは、現在、633万戸を超え、約1,500万人の皆様が居住しています。
マンションを良質な住宅ストックとして維持していく上で、計画的な修繕・改修が非常に重要であり、技術・技能に優れた専門工事事業者の皆様のご活躍が不可欠です。
マンション計画修繕施工協会におかれましては、「住宅リフォーム事業者団体登録制度」第1号に登録され、大規模修繕瑕疵保険や工事完成引渡しまでを保証する制度により、安心できるマンションのリフォーム市場の整備に取り組んでこられました。
国土交通省といたしましては、大規模修繕工事について、設計コンサルタントが中立的な立場で管理組合を支援し、適切な工事発注が行われる環境を整備する観点から、マンション管理組合に対して相談窓口の活用を促すとともに、設計コンサルタントの業務について更なる実態把握を進めています。
国土交通省では、「生産性の向上」と「働き方改革」に業界とともに取り組んでおります。皆様には、社会保険の加入促進など、現場で働く皆様の処遇改善にご尽力をいただいているところであり、、引き続きご理解とご協力をお願い申し上げます。
協会の今後益々のご発展、皆様のご活躍、商売繁盛を心より祈念申し上げます。