平成29年度播磨中部高原森林基幹道推進協議会定期総会に出席させていただきました。
山を、森林を、再び「宝の山」に。
木質バイオマスの利用促進、セルロースナノファイバーの実用化など新しい木材需要の創出とともに、まず塊より始めよ、ということで、公共建築物の木材利用を促進してまいります。
そのためには森林基幹道の整備が必要です。
現多可町の大和村は旧加西郡、現神河町の越知谷村は旧多可郡であり、ここ播磨中部地域は、峠越えのネットワークが発達し、地縁血縁が深かったことがわかります。
再びのネットワーク形成に向けて。
播磨中部高原森林基幹道の推進に向けて関係者の皆様のご理解ご協力をお願い申し上げます。