日本国の平和と安全を守り抜く
河野太郎外務大臣が「ふじいひさゆき」の応援演説に、西神中央、西神南に来られました。
北朝鮮の核実験・核開発、ミサイル発射問題に対しては、日米同盟は1ミリたりともブレていないこと。
日米同盟は、自民党公明党連立政権が、コツコツと信頼関係を築きあげてきたこと。
特定秘密保護法、平和安全法成立によって、米国の機密情報も得ることができるようになり、北朝鮮の状況が「立体的」に把握できるようになってきたこと。
北朝鮮の非核化(核兵器廃棄、核開発廃止)を実現するために、日米同盟を基軸に、韓中ロとともに国際社会の圧力が必要であること。
日本国の平和と安全を守り抜くために、このたびの衆議院議員総選挙、政権選択選挙で、自民党公明党政権を選択していただく必要があること。
明快にわかりやすく演説をしていただきました。

日本国の平和と安全を守り抜くために
ふじいひさゆき全力を尽くしてまいります