新名神高速道路(神戸JCT~川西IC)が、平成30年3月18日、開通いたしました。
平成29年12月10日に開通した川西IC~高槻JCT・IC間とあわせて、神戸JCT~高槻JCT・IC間が全線開通いたしました。
全国有数の渋滞箇所である中国自動車道の宝塚トンネル付近の渋滞が緩和・解消されます。
新名神高速道路を利用すれば、神戸JCT~高槻JCT・IC間は、通常時約6分(32分→26分)、休日朝夕時約10分(36分→26分)、最大約54分(80分→26分)短縮される見込みです。
新名神高速道路の沿線では、物流施設等の立地が促進されており、この5年間で物流施設の立地面積の累計が約8倍増加しています(新規立地施設の延床面積の累計:平成27年19ha→平成31年以降148ha計画)。
開通により、物流の円滑化が期待され、新名神沿線での更なる企業立地の促進や雇用の創出が期待されます。
神戸以西の各地で生産される野菜、果物、鮮魚等も高速道路で東京市場に輸送されています。
中国自動車道における渋滞は、東西物流の多大な運送ロスとドライバーへの負担となっており、新名神高速道路開通により、神戸以西の各地の農林水産業・地場産業の発展が期待されます。
新名神高速道路開通による景気回復、地域経済発展に全力を尽くしてまいります。