兵庫県難病団体連絡協議会第4回総会に出席させていただきました。
現政権で、難病法が平成26年5月23日に成立し、難病の助成対象の疾患は56から順次拡大して、現在、331になっています。
今国会では、バリアフリー改正法が成立しました。議員立法としてユニバーサル法案が検討されています。
休眠預金活用法が成立し、具体的に、難病対策などを行うNPO等への支援等を検討していくことが必要です。現場からのご指導をよろしくお願い申し上げます。
先日、南海・東南海・東海地震の驚くべき被害想定が発表されていました。災害時の難病の皆様への対応が重要です。阪神・淡路大震災以来の経験をご教示賜りますようお願い申し上げます。
iPS細胞、再生医療等を活用した難病克服など、最新医療を活用した難病対策に尽力してまいります。
苦しんでいる皆様、悲しんでいる皆様、困っている皆様の立場に立ち、寄り添うとともに、その困難な状況を克服し、解決する政策を着実に実現してまいります。
すべての皆様にとってやさしいユニバーサルな社会づくりに全力を尽くしてまいります。