現状です

現状です
雲井通5・6丁目地区に、西日本最大級の中長距離バスターミナルが整備されます

神戸三宮に西日本最大級の中長距離バスターミナルが整備されます。
兵庫・神戸の玄関口である三宮駅周辺は、阪神・淡路大震災以降の機能更新が進んでおらず、「中長距離バスの乗降場が6つに分散している」「駅からまちへのつながりが弱い」といった課題を抱えています。
このたび、国土交通省と神戸市は、ひと・モノ・交通が行き交う新たな未来型の駅前空間の創出に向け、「国道2号等 神戸三宮駅前空間の整備方針」を取りまとめられました。
○分散するバス乗降場を集約し、西日本最大級の中長距離バスターミナルを整備します
○国道2号周辺の交通円滑化を行います
○魅力的な駅前空間の整備及びまちの回遊性を向上させます
○まちの防災性能の向上を行います
○ユニバーサルデザインに配慮した未来志向の移動支援を導入します
関係者の皆様のご尽力に敬意と感謝を申し上げます。
西日本最大級の中長距離バスターミナル整備に向けて全力を尽くしてまいります。