神戸市西区玉津町西河原・今津地区の水害対策のための西河原1号雨水幹線築造工事を拝見させていただきました。
地元高津橋小学校4年生の皆さんが、水害対策の必要性を学び、雨水幹線(トンネル)内部に絵やメッセージを記されました。
西河原・今津地区は、明石川と天井川の合流部に近く、低いことから河川改修のみでは浸水を防ぐことは困難です。雨水幹線、地下トンネルを通って雨水を下流に流し、西河原・今津地区の浸水を防ぎます。河川の改修事業だけでなく、下水道事業、雨水幹線を使って内水対策、浸水対策を行います。
来年春に竣工・稼働予定。稼働後は雨水幹線(トンネル)の中に入ることはできません。内部には高津橋小学校4年生の皆さんの貴重な絵やメッセージが残ります。
「水害がなくなりますように」
皆様の想いを実現するために全力を尽くしてまいります。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20180911/2020001746.html