9月13日(木)国土交通省より次のように報道発表が行われました。

大阪国際空港及び神戸空港における国際線・国内線の代替受入について ~関西国際空港の代替機能が確保されます~

○関西国際空港が本格運用に至るまでの間、その代替として、大阪国際空港(伊丹空港)において1日最大20便、神戸空港において1日最大15便、国際線・国内線を受け入れることが決定されました。
○具体的な便の設定については、関西エアポート(株)や航空会社、CIQ関係機関(税関・出入国管理・検疫)と調整しながら進めて参ります。

<大阪国際空港(伊丹空港)>
・運用時間: 7:00~21:00 (現行どおり)
・一日あたりの発着回数(最大)
370回 ⇒ 410回
・国際線を含む

<神戸空港>
・運用時間: 7:00~22:00 ⇒ 6:00~23:00
・一日あたりの発着回数(最大)
60回 ⇒ 90回
年間2万回程度の上限は適用しない。
・国際線を含む