衆議院本会議(令和2年2月27日)
法務大臣不信任決議案に対し、与党(自由民主党・無所属の会、公明党)を代表して、反対討論を行わせていただきました。

森まさこ法務大臣不信任決議案 反対討論
自民党の藤井比早之です。
私は、自由民主党・無所属の会、公明党を代表し、森まさこ法務大臣に対する不信任決議案に対し、断固反対の立場から討論をいたします。
(中略)
新型コロナウイルス感染症の流行を早期に終息させるためには、今がまさに正念場です。先般取りまとめられた「緊急対応策」や「基本方針」を踏まえ、緊急に措置すべき対応策を着実に実行する。何よりも、経済への対策として、令和2年度予算を早期に、一刻も早く成立させることが必要です。
令和2年度予算の早期成立を例年以上に要するこの時期に、野党が提出した決議案は、まったくもって理不尽であり、ただの審議引き延ばしと断じざるをえません。
良識ある衆議院議員の皆様には、この決議案を断固否決していただきますよう求めまして、私の反対討論といたします。
ありがとうございました。