藤井ひさゆき 兵庫四区選出 自民党 衆議院議員 公式ウェブサイト

藤井ひさゆき国会質問|国土交通委員会(2019/05/15)


衆議院国土交通委員会(令和元年5月15日)
船舶油濁損害賠償保障法改正法案に関して、
青森県深浦沖における座礁及び燃料油汚染事故(カンボジア籍貨物船アンファン8号事故)、兵庫県淡路島における座礁事故(タイ籍台船ネプチューン号事故)において、保険会社が船舶所有者の保険契約違反による免責を主張して保険金が支払われず、青森県が約3億6千万円、兵庫県が約1億7千万円を負担したこと、兵庫県淡路島のネプチューン号が行政代執行により撤去されたのは事故から約2年半も経ってからであったこと、を受けて、
燃料油による汚染損害や難破物除去等の費用による損害について、被害者は保険会社に、直接、損害賠償額の支払を請求することが可能となり、被害者は賠償を迅速に受けられる、
また、燃料油による汚染損害については、今般締結する条約の規定により、締約国間での判決の相互承認が得られることから、我が国の被害者は、国内で裁判を起こし勝訴すれば、その結果が他の締約国でも受け入れられることから、被害者に対し、より確実に賠償が実施されるようになること。
特に、漁業者が泣き寝入りしなくて済む、保険会社に直接請求することで早期に賠償される、一方、漁船船主責任保険の保険料は上がらない、という、漁業者、被害者救済の観点からは非常に大きな改正であること。
等について質問をさせていただきました。

次のとおり要望を行わせていただきました。
去る5月11日に関西三空港懇談会が開催され、神戸空港につきましては、運用時間を夜10時から11時まで1時間延長、発着枠を1日60便から80便へと20便拡大、プライベートジェットの受入れ推進、中期的に国際化の検討と、運用時間と発着枠の規制緩和・拡大という悲願が合意されたところです。
神戸空港の運用時間と発着枠の規制緩和・拡大の早期実現、確実な実施に向けて、是非とも国土交通省を挙げてよろしくお願い申し上げたい。
さらには、国際化や、24時間化といった運用時間の拡大。大阪・関西万博を見据えて、神戸空港を強化することは、大阪にとっても、関西全体にとっても、メリットがありますから、よろしくお願い申し上げたいと思います。

ひさゆきCHANNEL

ひさゆきCHANNEL

自民党兵庫県第四選挙区支部

西脇事務所

〒677-0054
西脇市野村町1251-3
スミレビル1階
TEL:0795-24-3456
FAX:0795-24-3457

三木事務所

〒673-0404
兵庫県三木市大村530-1
TEL:0794-81-1118
FAX:0794-81-1123

国会事務所

〒100-8981
東京都千代田区永田町2-2-1
衆議院議員第一議員会館 615号室
TEL:03-3508-7185
FAX:03-3508-3615
Copyright © 藤井ひさゆき All Rights Reserved.