COVID‐19ワクチンの追加(ブースター)接種に向けた提言

国のために
  • 活動報告


COVID‐19ワクチンの追加(ブースター)接種に向けた提言。

自由民主党新型コロナウイルスに関するワクチン対策プロジェクトチームとして、
「COVID‐19ワクチンの追加(ブースター)接種に向けた提言」を取りまとめさせていただきました。

政府に対して、

原則8か月以上とされているブースター接種を、可能な限り前倒しする、原則6か月以上に前倒しすることを政府に強く求めるものである。
ブースター接種の前倒しに当たっては、特に以下の諸点に留意すべきである。
ファイザーに対して、日本国内への配送前倒しの交渉を強力に行うこと。
国、自治体、医療機関が保有するワクチン等在庫を調査し、公表すること。
各市区町村への、ファイザーの配分スケジュールを可能な限り前倒しすること。ファイザー・モデルナそれぞれのワクチンの具体的な供給量・供給スケジュールを可能な限り早期に示すこと。
各市区町村におけるファイザー・モデルナそれぞれのワクチンの接種体制や機会に関する考え方を早急に示すこと。
ブースター接種においても、国において確実に財政措置を行うこと。
医療機関、自治体、職域接種を行う企業等への財政措置を早急に示すこと。
ブースター接種の必要性・有効性、安全性については、ファイザー及びモデルナのmRNAワクチンの、それぞれの最新データを明らかにし、国民が納得して接種できるよう、正確かつ具体的に分かりやすい情報発信を行うことが必要である。
若い世代に対して、正確な情報を確実に伝え、十分な理解が得られるよう、取組みの抜本的な強化を図るべきである。
1,2回目をファイザーのワクチンを接種した人が、3回目のブースター接種で半量のモデルナのワクチンの接種を受けることは、明らかな医学的合理性がある。政府は交互接種に関して国民が正確な理解ができるよう、分かりやすい情報発信を行うことが必要である。
その際、ファイザーとモデルナのワクチンの3回目接種を前倒しするためには、1、2回目がファイザー・3回目モデルナの組み合わせが必要であり、前倒しするために推奨する旨などを、国民に対して分かりやすく情報発信を行うべきである。
至急、既感染者については、1回接種でもワクチン接済証明と同様の取扱いを受けられるようにするよう、政府に強く要求する。
オミクロン変異株は、これまでのSARS‐CoV‐2変異株の中で最も高い感染性の変異株であり、近い将来、日本を含め、世界的な支配系統となっていくと考えられる。
政府は、各国当局と連携を深め、オミクロン変異株の伝播性や病原性、オミクロン変異株に対する感染の既往やワクチン接種による免疫の効果などについて、科学的な評価を迅速に進めるべきである。政府は、効果の高いワクチンを早期に確保できるよう、各企業との交渉を進めるべきである。

などの提言をさせていただきました。